多くの人と関わる仕事|保育士に転職するなら求人情報サイトが最適

  1. ホーム
  2. 生徒数でも異なる教育方法

生徒数でも異なる教育方法

学生

マンツーマン方式が増加

小学生から高校生までの子供が学校終わりに塾に通う事は珍しい事ではなく、自宅近くの塾から時には自宅から離れた場所まで通うケースもあります。学校で学ぶ以外にも、将来の受験へ向けた対策や試験対策で学ぶ事が一般的となっています。そんな塾を支えているのが、各講師達であり学校では学べない様な事から、学校で学んだ事の復習を行う仕事であり、大学生のアルバイトからベテランの講師まで幅広くいます。そんな塾の仕事を始める上で、各塾のスタイルをしっかりを知った上で求人へ応募する事をお勧めします。例えば塾によっては、マンツーマンで教えるスタイルもあれば、複数名同時に教えるスタイルもあります。マンツーマンの場合は、生徒の学ぶスピードに応じて教える必要がありますが、複数の場合は常に全員の進捗を把握した上で授業を進める必要があります。この二つのスタイルは、普段の仕事の方法や対応が大きく異なりますので、どちらのスタイルが得意かによって塾を選ぶ方が良いでしょう。塾によっては、子供の成績が上がる事が講師の実績に直結するケースもありますので、子供の特徴を知るより効果的な学習を行う必要もあります。時には、勉強以外の話しをする事で子供と打ち解けたり、より勉強がしやすい環境を作ってあげる事も講師の役割です。この様に塾によって異なる教育スタイルは各求人を見て仕事内容を事前に確認出来ますので、各求人の内容を精査し比べてみるとよいでしょう。