多くの人と関わる仕事|保育士に転職するなら求人情報サイトが最適

やりがいとお給料

保育園兜

相手の為に尽くせるか

公務員と呼ばれる仕事には様々なものがあります。今回はその中で今何かと世間で話題に挙がる事の多い保育士についてです。保育士の仕事は公務員のわりに体力的にハード、給料が安いなどと言われています。しかし長年勤めている人はそれでも仕事を愛しているという特徴なのがこの仕事です。保育士は資格がいる仕事ですので、未経験で就職するのは難しく、一般的には専門学校を卒業して就職し、転職したい場合は他の保育園を探すという流れになります。さて、保育士の仕事で転職する際に大切な事は何だと思いますか。経験、お給料などはもちろんですが何よりも大切なのは「人を愛せるかどうか」です。保育園には子供だけでなく、園長先生や保護者など沢山の人が関わります。相手の気持ちになって尽くせるかどうかです。自分の事よりも相手の幸せを一番に考えて行動出来る人に向いています。転職時には自分のアピールポイントをしっかりと伝えられるようにしましょう。ピアノが弾けたり歌が上手い程度では評価になりません。なぜならある程度保育士は出来るのが当たり前だからです。プラスアルファの自分の強み、そして転職する事でどう活躍したいのか、将来的なビジョンも合わせて話せると良いでしょう。話す内容によっては転職後に色々任せて貰える可能性もあります。実際それで海外で保育士として活躍している人もいます。語学などの一見使わなそうなスキルも活かせる事がある為、しっかりとアピールしましょう。

先生と学生

やり方はいろいろです

家庭教師は通常のバイトに比べて時給は良いですが、1回で長くやれないので、可能であればかけもちなどして、その日を家庭教師の日にする方法もありです。京都では、有名国立大学生の場合はそれだけでも優遇される場合があるので、時間があればそのようなバイトで小遣い稼ぎをするのも良いでしょう。

学生

生徒数でも異なる教育方法

塾の仕事はマンツーマンか、複数を一度に教えるかによってその教育スタイルは大きく異なります。塾講師として子供の成績を上げる事を目標に、子供の性格や特徴に合わせた教え方が非常に重要なスキルとも言えるでしょう。

女生徒と婦人

紹介サイト利用が一般的

家庭教師のバイトは高時給で都合がつけやすいため人気のバイトです。派遣会社に登録して仕事を探すのが一般的となっています。教材販売を行っている会社は避けるようにしましょう。研修の有無と時給をチェックして選ぶのがおすすめです。